てきとうなさいと べぇたばん

ニコニコ動画のアニメタグがすごいことになりそう→グラフにして監視しよう

ご注文はうさぎですか?(青)とけものフレンズ(赤)のグラフ。まるで青天井のように立ちふさがっていたごちうさに、すごい勢いで追いつくけもフレ。 5月下旬くらいから8月1日午前5時までの比較のグラフ。青はごちうさ、黄色は予測値。赤はけもフレ。双方ともに900万から再生数がぐんと伸びている。 急遽作った、通算再生数ベスト15のグラフ。こちらはランキングのRSSからパースして取ってくる。もうこれしか上が居ない

けものフレンズ

けものフレンズすごいですね。2017年の冬アニメに突如としてやってきた。誰がこんなの想像できたのだろうか。

何がすごいの

けものフレンズのすごさを知る一番身近な方法は、ニコニコ動画の再生数・コメント・マイリスト数があります。これを毎日取得して数字の遷移を見てみれば、その凄まじさを目で見ることができます。

すごいと気づきはじめた3月

けものフレンズがすごい、すごいと言われてどんどんそのすごさにおたくたちが気が付き、けものフレンズの動画を見ていくようになった頃です。そのあたりはけものフレンズどうなるんだろうという「けものフレンズ考察版」の考察を読んでいることが楽しかったです。

アニメ「けものフレンズ」によって侵食されたふたばちゃんねるのスレッドを見て震撼する者たちと洗脳される者たち 「闇が深すぎる」「ぼくもフレンズになりたくなってきた」 - Togetterまとめ

自分も、どうなるんだろうというのはずっと頭からはなれなくて自分なりの考察をしていたのが懐かしいです。

グラフ化してみたい

その頃にアニメの再生数を取得して、データベースに入れてグラフ化しよう、統計的な手法を用いることができたらやってみようと考えるようになりました。

アニメタグというものは、4ヶ月ごとに新しいアニメが出てくるたびに新しい話題を作るほど強力なコンテンツなわけですから、強力な競合であるといえます。ツイッターで先人がけものフレンズがそびえ立つ競合の強豪を次々となぎ倒す様を描いたグラフを読んでたら、真似したくなりました。

「流石にごちうさは抜けないだろう」

それほど、ごちうさの再生数は超えられない壁のようにも思えました。グラフの形から、天の上の存在のようにもみえます。

でも、1日の再生数はおかしいほど増えている。単純計算すれば普通に追い越せる。もしかすると、追い越すかもしれない。そのもしかするかもしれない時のためにグラフを作るツールを作ろう。そこで要件を考えてみました。

以上のようになりました。APIが毎日朝に集計されるとのことなので、cronで動かして取得することにしました。

気がついたこと

Google Spreadsheetで取り込んだことから、かなり便利にデータを使いこなすことができるようになりました。

  • データを保存するデータベースとして
  • Excelのように足し算・引き算・平均などなどの計算を行える
  • グラフすら作れる
  • 集計のためのピボットテーブル

ここから、「1日あたりの再生数」とか、「ご注文はうさぎですか?」 / 「けものフレンズ」で到達率(%)を計算したり色々できるようになりました。

グラフ化することでひと目でけものフレンズの成長ぶりがわかって、植物を育てているような感覚に陥りました。

11話の怒涛の展開、12話最終回、そして…

11話が終わったあとの1日は「助けて」というコメントが1話のあちこちに並んでたことを今でも覚えています。

12話が始まる直前、確か一挙放送があったと思いますがここで1日あたりの再生数が20万弱(199947)になっていたようで、なんか稚拙な言葉ですが、かなりすごいです。1日1万でも行ったらその動画は伸びると十分かんがえられるし1000万再生も夢ではないです。

シーズンが終わる

4月になって、けものフレンズは終りを迎え…てなかったですね。「ばすてき」というサプライズがありましたが、終わりはやってくるものです。シーズンが終われば、我々はまた違うアニメを物色しはじめ、前のシーズンのアニメは忘れ去られていく運命にあるわけです。

それだったらけものフレンズも…そうでもないぞ

そんなに勢いは衰えませんでした。流石にアニメが放送されていた頃よりはおとなしかったものの、1日の再生数は5万前後で推移していて、他の動画よりも勢いが強かったです。

1日あたりの再生数から見ても、もしかするとアニメ1位を狙えるのでは…というワクワクもこの頃だったような気がします。

900万再生、そしてやってきたXデー

ご注文はうさぎですか?が900万再生に到達しました。そのときのけものフレンズは767万くらい。それから2ヶ月でけものフレンズも900万。けものフレンズの2期発表もあってかつて(5月上旬くらい)の活況を取り戻してきてしまいました。

3年ちょっとかけてたどり着いたご注文はうさぎですか?に対して、1年も経っていないけものフレンズが並んでしまったということに驚きを隠せませんでした。

1000万再生へ

ご注文はうさぎですか?もけものフレンズも1000万再生を狙える位置に居ます。到達してほしい。

まだまだ狙える

更なる上を望めると思います。つぎは1000万再生でしょうか。1000万再生が今年中に達成できれば、Bad Apple!! PVの持っている「1000万再生に到達した日数355日」を大幅に更新できる可能性がありますね。

グラフ作成プログラムも仕様変更

ご注文はうさぎですか?を抜かし、さらなるアニメの発展を願って新しい手法で新しいコンテンツの推移を見ていこうと思います。もうけものフレンズにある上はそんなに多くないです。なので、「再生数の全期間ランキング」のRSSから取得してくることにしました。

Pythonのgspreadモジュールを使っているのですが、100のデータに対して挿入を100回繰り返すとエラーになる事が多かったので、update_cellsメソッドを使って一回でできるようにしたりしました。

RSSの解析は、feedparserを使いました。RSSってAtomとかRSS1.0とかバージョンや種類が違うのに、それを吸収してくれて便利ですね。

また、RSSは中のHTMLを解析できるようにしないと再生数・コメント・マイリストを取得できないのでhtml.parserを使ったりしてます。

いろいろなモジュールを使ってごりごりやりました。

これで、更なる高みに目指すけものフレンズに対応することができましたし、これからやってくる1000万再生の動画も把握することができるようになりそうです。楽しみです。

まとめ

けものフレンズのすごさを理解したくて、グラフを作るためにGoogle SpreadsheetへPythonでアクセスできるようにしたところ、動画サイトの別の楽しみがやってきました。

ニコニコチャートで良いじゃないか、という声も聞こえてきますが、そこは趣味ということで。

できたもの

Google Spreadsheetへ保存した再生数のデータ(コピー)

つくったやつ