てきとうなさいと べぇたばん

Lenovo IdeaPad s205にSSDを載せてみた

TOP > てきとうにこらむ > なんとなく > Lenovo IdeaPad s205にSSDを載せてみた

SSDでベンチマーク。こんなに速いんですか、すごいっすね・・・ HDDにCrystalDiskMarkでベンチマークした。 これで完了。SSDに入れ替わった。 HDDを外し、SSDに入れ替える。ここから金色の金属が見えなくなるまで差す。 HDD側面には2箇所ネジが止まっている。このネジを外して枠を外す。 コピー完了したSSDをHDDと交換へ。PCの裏蓋をパカっと開いてHDDを外す 終わった。なんかキーを押すとシャットダウンする。 再起動後はこんな感じの画面になる。結構時間掛かる 画面にそって続けると、再起動を求められる。 インストール完了後、登録は後回しにして「→ 開始」ボタンをクリックした。 SSDのパッケージの中にある説明通りのURLに接続してダウンロードしてくる。 とりあえず、これにSSDをはめて準備完了。 慌てて買ってきたHDDケース。これを利用して移行します。 Intel SSD 330 Seriesです。これを載せようかと

HDDからSSDへ

Lenovo IdeaPad s205をなんとなく、SSDにしてみたくなったんです。とりあえず、買ったもの。

ハードディスクケースがなぜ必要か

  • SSDを入れたら元のHDDはお払い箱となってしまうことを防ぐため
  • Intel製のSSDのため、Intelが配布しているデータ移行ユーティリティが使えたため

実はSSDをネットで購入したら、上記の理由に気が付いてしまったので、慌てて近所のソフマップに行って買って来ました。SSDは同じ物が近所のソフマップの方がなんか安かっ・・・見なかったことにしよう。

移行の方法

このSSDにはIdeaPad s205の内蔵ディスクになってもらいます。そのため、現在のHDDからデータを取ってこないといけません。

IdeaPad s205では、残念ながらWindows 7のインストールCDではなく、リカバリ領域からのリカバリとなるんですが、まぁめんどくさいので上述したユーティリティソフト「Intel Data Migration Software」というソフトウェアを使用します。

インストールした後、SSDの入ったハードディスクケースからUSB接続して、ソフトを起動してリカバリを行いました。時間は大体数時間程度というところでした。

SSDをHDDと交換する

メモリを増設する時と同じように中のカバーを開けて、ハードディスクを取り外したらSSDに交換します。IdeaPad s205の弱点は、メモリを増設するにせよ何にせよ、いちいちカバー開けないといけないという手間ですねぇ。

交換したあとのベンチマーク

交換前にHDDでCrystalDiskMarkでのベンチマークしたんですが、結構いいハードディスクだなと。こんなもんなんですかね?

交換後にSSDでベンチマークしたら、…ああ、すごいですね。これほどすごいとは。

s205、もう買って1年になるのかな?

ぶっちゃけ、新しいPC買っちまったほうがコストパフォーマンスよくないか?とか思ったら負けだと思うんです。