てきとうなさいと べぇたばん

自宅のPCのWindowsのSSDを250GBから1000GBに入れ替えオープンソースなのだけでデータを引っ越しした

TOP > てきとうにこらむ > ゲーム作りとプログラミング日記 > 自宅のPCのWindowsのSSDを250GBから1000GBに入れ替えオープンソースなのだけでデータを引っ越しした

動画のサムネイル

SSDを入れ替えた

250GBしかなかったうちのデスクトップPCのSSDを、1000GBのSSDに入れ替えました。入れ替えたSSDは↓のやつ。

必要なもの

  • SSD
  • SATAをUSBに変換するやつ
  • CD-R(多分USBメモリでもいけるはず)

SATAをUSBに変換するやつっていうのは↓を使いました。

データの引っ越し

SSDにはWindowsが入っているので、そのSSDからWindowsを持ってこないといけません。そこで、ディスクまるごとコピーできるClonezillaを使いました。isoをダウンロードしてCD-Rに焼きました。

https://clonezilla.org/

パーティションの編集

これだけだと、Windowsのパーティションが250GBのSSDのままのサイズなので、GPartedを使ってサイズ変更をしました。isoをダウンロードしてCD-Rに焼きました。

https://gparted.org/

動画での解説

文章では分かりづらいですが、動画ではこんな感じでした。

引っ越した感想

250GBのときは本当に余裕がなくて2TBのHDDに移してましたが、もうそんなことをする必要はなくていいんだなってなりました。500GBと値段で迷ったのですが、このPCを買ったときにケチって足りなくなったので、足りるだろうと思われる1000GBを選びましたが、それが良かったなって思いました。