てきとうなさいと べぇたばん

Waterfoxを使ってみる

とりあえずインストール。 起動オプションに、-pを追加して実行すると、こんな画面になるので、新しいプロファイルを作成 パラメーターの指定はOrchisを使用してみた。つくったプロファイル名がdevelop。 左がFirefox、右がWaterfox。共存できました。

Waterfox

なんでも、Firefoxの64bit版だそうで。公式では32bitしかないですしね。

使えるようにする

普通にインストールします。インストールしたあと、FirefoxとWaterfoxを共存させるため、プロファイルを分けます。プロファイルを分けてしまえば、普通に共存できるのです。

Waterfoxは、デフォルトのプロファイルを使い、Firefoxではプロファイルを別に作成してしまいます。

プロファイルを分けて使用するので、別途パラメーターが必要になりますが、楽に管理するためにランチャーとしてOrchisを使いました。

試してみる

ほとんど、ただ単純にコンパイルしなおしただけのFirefoxであるようなので、使用感はあまり変わりません。Flashのあるサイトでも、最近になってx64版のFlashも出たことから、特に問題なく閲覧できます。アドオンに関しても、WaterfoxのFAQに書いてある通り、普通に動作します。速度に関しては、印象としてあまり変わらないですかね。あくまでも印象ですが。

Pale Moonも使ってみました。

**Firefox互換で、Windows向けに最適化されたPale Moonも試してみました。**