てきとうなさいと べぇたばん

キーボードをバラして洗った話

ホコリがびっちり。ところどころに髪の毛が挟まって取れない。ばっちい。 裏返してネジを外す こんなかんじで分かれるので、キーの方を外していく 中の「日」の字のような部分を押し込んで外す 全部とった。ホコリがまとわりついている。これが4~5年分の汚れか きたねえええええええ 水洗いする。 乾かす。 乾いたので元に戻した。綺麗だ… アップにしても、汚れがなさすぎて美しい…

キーボードきたない

キーボードがめちゃめちゃ汚い。髪の毛が中にはいってるし、ホコリが挟まりまくり。もうやんなっちゃう。

ばらしてしまえ

むかついたので、バラして徹底的に洗ってやる。ちなみに、その餌食になるキーボードはMicrosoftのRT2300。もう4~5年くらいの付き合いになるだろうか。PS/2をUSBに変換して使用している。

たぶん、これかな?http://www.microsoft.com/japan/hardware/keyboard/wired_key500.mspxさすがに売っていないようだ。

後ろのネジを外す

ネジを外したら、簡単に上と下に分かれるので、キーボード部分をポンと押すと外れる。それを水を満たした洗面台でジャブジャブ洗った。

組み立て直す

結構鬼門。QWERTY配列どころか、Dvorak配列でもブラインドタッチができる僕でも、PrtScnやPauseのキーがわからなかった。結構難しい。予め写真撮っておくと修復が簡単にできる。

キレイキレイ!

キーボードで何か文字を打ちたくなるほど、キーボードが綺麗になった。新しいの買ったほうがコスパとしては良いのかもしれないが、まだ使えるものを洗ってでも使ったほうが愛着沸くのでいいね。と思う。もう4~5年経ってるし。

壊れたら…

このキーボードが壊れたら、ちょっとこういうグニャッとしたのとか面白そうだ。とか思った。でも、ワイヤレスも便利なんだろうなぁ…