てきとうなさいと べぇたばん

ぼくのメンタルが壊れたはなし

とある日のこと

いきなり会社にいけなくなった。胸が締め付けられるような感覚に陥り、家の外にでることができなくなった。

病院に行く

(とある日から)最近、なんか頭の中が真っ白になる現象が続発してしまうし、会社にはいけなくなるしで、なんかおかしい。気持ちもものすごく落ちていた。そこで、心療内科の病院へ行くことにした。

やる気を上げる薬をもらって、数週間はなんとか会社に行けた。だんだんと会社に到着する時間が遅くなりながらも…

そして

再び、胸が締め付けられる感覚に陥る。

今度は布団にすら出られなくなった。休ませてくれと電話をした。

次の日も行けなかった。休ませてくれと電話をした。

その次の日も行けなかった。休ませてくれと電話をした。

結局、一週間会社に行けなかった。病院に行って診断書もらった。

そして休職へ

休職することになった。寝たきりになったり、眠れなかったり色々苦労した。

おかね

これはあくまでも僕の状態の説明のための話なので、傷病手当金、労働災害の説明はざっくりしていて間違っている可能性が高いので、正確な情報を知りたければ他をあたって下さい。

傷病手当金をもらうことになった。プライベートで怪我したり、病気になった時にある程度のお金をもらえる制度。休職した期間、どのくらい診察したのかを病院の先生に書いて貰う必要があるので、該当する期間の後に会社へ申請することになる。細かいことは、会社が加入している保険組合による。

参考までに、業務が原因の場合は?

業務が原因である場合、傷病手当金ではなく労働災害になる。しかし、精神疾患を発症した場合の労働災害はややこしくて、「精神疾患を発症した要因が職場の環境にある」ということを労働基準監督署が1年くらいの期間を使って判断する。それを長いと取るか、短いと取るかは人次第。

いろんな人に聞いたけど、僕は長いと思うし、そんなことやってるくらいなら次へ行った方がいいと思うけどね。

結論として、どうしたのか

段々と回復していっているが、とはいえまだ働くという段階までいけていない。まだまだ時間のかかる壁と感じる。もっとゆっくりしたかったので、かなしいけど、辞めることにした。

これからどうするのか

勉強しようかなと思っている。心理学に興味が出てしまったので、大学のカリキュラムを消化しようと思っている。また、コンピューターそのものについても、もっと深掘って勉強したい。インタプリタはできた。つぎはコンピューターそのものを作ってみたい。

そうしてゆっくり体と相談しながら、社会復帰を狙っていこうかなと思う。