てきとうなさいと べぇたばん

Markdownを使う

Vimで使えるようにした。なかなかやりやすい。これはいいかも 間違えてた。修正 Markdownまた間違えてた。笑えない(笑 またまたMarkdown間違えた。何度目だ(笑 たぶん、これで・・・最終版? 非常にお恥ずかしながら、これで最終版でございます。もう眠いので寝ます。おやすみなさい

vimの設定

vimのプラグインをインストールするとき、置く場所に困ってた。以下のコマンドで、どこに置けばいいか調べる。

:set runtimepath?

とはいってもなぁ、vimテクニックバイブル読んだほうがいいよなぁ。積ん読したまんまなんだよね・・・

今日の設定

  1. Markdownを知ったので、いろいろやってみた。そのうち、vimでもmarkdownが出来るようなので、いろいろ設定を試してみた。そうしたら、vimにプラグインをインストールする必要が出てきた。
  2. PHP Markdownを利用して、サイトをMarkdownで更新できるようにした。CakePHPでのインストールしてみた。

PHP MarkdownをCakePHPに

インストール

別に、そんなに難しいことしてない。ダウンロードしたファイルを解凍して、app/vendors/phpmarkdownっていうディレクトリ作って、そこりmarkdown.phpをおいてapp/config/bootstrap.phpを編集した。

app/config/bootstrap.php
<?php
App::import('Vendor', 'phpmarkdown/markdown');
使う

Model::beforeSaveで変換した。ヘルパーを利用して、表示の都度変換するのもありかもだけれど、既存のコンテンツとの兼ね合いもあるので。

<?php
class Hoge extends AppModel {
    /**
     * beforeSave
     *
     * @param array $options
     * @access public
     */
    function beforeSave($options = array()) {
        $this->data[$this->name]['content'] = Markdown($this->data[$this->name]['content']);
        return parent::beforeSave($options);
    }
}

※このコードはこのサイトに貼り付けるために編集したもので、実際のコードは異なる場合があります。

こんな感じ。簡単で嬉しい。