てきとうなさいと べぇたばん

なんだか変な夢だった。

夢を観た。

その夢は僕はどうやら小学生まで親元を何かしらの理由で迷子になり、そのまま中学生辺りまでどこか別の場所で暮らしていたらしい。

そのせいか、小学校には通っておらず、中学生で実の親に再会した後、小学校の勉強をさせられた。

最近、その中学生まで暮らしていた場所に行って、自分探しの旅をしていたらしい。

その暮らしていた場所でお世話になった人らしき女性は、僕に対して懺悔の言葉を繰り返していた。なんかものすごく体調が悪そうで、僕は体をしょっちゅう支えていた。

ああ、そうか僕の人生はものすごく変な人生だなとそう思い込もうとしたら、現実の目覚ましが鳴った。

夢のなかとは全く恐ろしいもので、そんなはずはないんだけど、自分の過去はそういうものであると本当に思い込んでいた。

朝起きたら自分の記憶を取り戻すことを最優先にした。

うん、やっぱり上記のようなことは起こっていない。 でも、納得しかけたのは何だったんだろう?

人の記憶って本当に曖昧なんだなと思ってしまった。