てきとうなさいと べぇたばん

女は星の数ほどいるという言葉があるが

よく振られた人に対して慰めるために使うフレーズ

女は星の数ほどいるからという言葉があるが、疑問に思っていることがある。

星の数って

星というものが何を定義しているのかわからないけど、Wikipediaの銀河系の項目には以下のように記されている。

総質量は約1兆2600億太陽質量であり、約2000億~4000億個の恒星が含まれていると考えられている。

そう、女の数は星の数ほどはいないのだ。

どうしてそんな言葉が

女は星の数ほどいるという言葉は、何の意味があって慰めの言葉になるのだろうか?

でたらめを引き合いに出して、からかうことで面白がっているのだろうか。宇宙は広いから、人なんてちっぽけなもの。だからそんなことは些細な事なのだとでも言いたいのだろうか。それは慰めでは無いと思うのだが…。