てきとうなさいと べぇたばん

井の中の蛙が知るべきは、自分自身なのかもしれない。

井の中の蛙大海を知らずとある

井の中の蛙は大きな海を知らない。狭い世界しか見ていない人に対する批判として使われる。

ファルコ「お前、海でも泳ぐのか」

カエルというのは、海を泳ぐことは出来ない。それどころか死んでしまうそうだ。Wikipediaには、以下のようにある。

海水に入ると浸透圧により体から水分が出て死んでしまう。ただし、例外的に水から離れて生活したり、汽水域に棲む種類も知られる。

大海を知る

無理に知ろうとして海を泳ぐと、自分の命に関わる。

「井の中の蛙大海を知らず」という言葉を使う人は遠まわしに「死ね」といっているのだろうか。それとも、「海を泳げないお前チキンー!!」とか言って、煽っているのだろうか。

いや、そんなつもりで話しているわけではないはずだ。

大海を知るということは、結局は自分の能力を冷静に見つめて、泳げるかどうか。それをちゃんと知ることが必要なのだと思う。

とにかく、自分を知ることが必要なんだ。

グローバルな視点を持つことが、今の世の中必要なことではあるけれども、その前に自分自身のことを冷静に見ないと死んでしまう。そういうことを言いたいのが「井の中の蛙大海を知らず」なのではないだろうか。

参考サイト