てきとうなさいと べぇたばん

枕を高くして眠れる日は無いと思えと言われましても、枕が高いと眠れません。

枕を高くして眠れる日

安心してゆっくり眠れることをいう。

争いの世では高くして眠れない

普通に殺し合いがあった時代では、床に耳をつけることで敵襲から身を守っていたようだ。つまり、枕が高いというのは、平和な時代であることの象徴なのだ。

平和なのに、枕は低くないと眠れない

しかし僕は、枕が高いと上手く眠れない。安心してゆっくり眠ろうとすると、枕は低くないとダメ。

僕は別に殺し合いが必要な時代にも国にも住んでいない。それでも枕が高いのは、何かと戦っているということになるようだが、本当に心当たりがない。

でも、僕は何かと戦っているのかもしれない。自分の知らない何かとの戦いを、日々送っているのだろう。

参考

http://kotowaza-allguide.com/ma/makuratakaku.html