てきとうなさいと べぇたばん

Macを買ったのでとりあえず設定した項目

Mac買った

Macで開発環境を作りたいと思った。MacBook Airを買った。

とりあえず

ぼくはとりあえず以下があればなんとかなる。

  • Firefox
  • 開発環境
  • Dvorak配列

Firefox

普通にインストール。

開発環境

  • XCode
  • Vagrant
  • MacPorts

MacPortsでインストール

MacPortsをインストール。その時、$PATHと$MANPATHにパスを追加しとく。

 export PATH="/opt/local/bin:/opt/local/sbin:$PATH"
 export MANPATH="/opt/local/share/man:$MANPATH"
XCode

XCodeとかインストール。その際、xcode-select --installを実行しておく。

vim

Macのコンソールでvimを使いたいのだが、デフォルトのvimだとクリップボードを共有できない。

インストール
 $ sudo port install vim

インストール後、$ vim --versionに+clipboardとなっていればOK

.vimrc

.vimrcに記述しておく。

set clipboard+=unnamed

さんこう

Dvorak配列

最初はMac標準のDvorak配列を使っていたが、Karabinerを使った。IMEはGoogle 日本語入力。

Windowsだと、DvorakJが素晴らしい。

Karabiner

  • For Dvorak Users
    • Use Dvorak - Qwerty Keyword Layout (QWERTY to Dvorak) (+ Command,Control,Option+Keys to Qwerty)
  • For Japanese
    • Change Command_L Key
      • Change Command_L to EISUU
    • Change Space Key
      • Command+Space to KANA/EISUU (toggle)
    • Change EISUU Key
      • EISUU to Command_L
    • Change Keyboard Layout
      • Use Japanese Keyboard as US Keyboard

英数とCommand_Lを交換して、WindowsでいうところのCtrl + Spaceと同じように入力メソッドを交換できるようにしといた。また、CommandやControl、Optionをおした時はQWERTY配列になるようにしといた。

Google日本語入力

Dvorak配列を日本語で入力するのは少々不都合なので、DvorakJPに設定する。今回はGoogle日本語入力の設定をカスタマイズ。

https://github.com/yuzuemon/google-japanese-input-romaji-tableからダウンロード。Google日本語入力 環境設定からローマ字テーブルを選択してdvorakjp-edited.txtをインポートする。

これでDvorakJPが使えるようになる。便利。

足りないのある

いろいろ足りないとは思うので、適宜追加していこう。