てきとうなさいと べぇたばん

タクトスイッチをつかってRaspberry Piで入力を検知できるようにしました

ブレッドボード上のタクトスイッチを押しているところ。

タクトスイッチ

タクトスイッチを使ってArduinoと同じく、プルアップ抵抗で入力できるようにしてみようか。

Digital on GPIO

ArduinoでのdigitalReadは以下の様な感じになるみたい。

#!/usr/bin/python

import time
import RPi.GPIO as GPIO

GPIO.cleanup()
GPIO.setmode(GPIO.BOARD)

GPIO.setup(8, GPIO.IN)

try:
    while True:
        print("status: {0}".format(GPIO.input(8)))
        time.sleep(1)
except KeyboardInterrupt:
    print("stopped")

GPIO.cleanup()

これで、ボタンが押されている時には「status: 0」と流れて、ボタンを離している時には「status: 1」が流れるようになる。

しかし、Raspberry Piは悲しいかな、アナログでの取得ができない。ということでA/D変換器を使ってみようというのが次の記事。