てきとうなさいと べぇたばん

うげっふ、げほげほ(ESP8266のボードでDRV8830モータードライバー燃やした)

やったぁ!できたぁ!ESP8266でモーターうごかすぞー! だめだったよ…。焦げて煙吹いた跡の使えなくなったDRV8830の図。VccからISENSEへと焦げていることがわかります。

モータードライバー焦がした

前回のESP8266の書き込み装置に、モータードライバーをぶっこむ予定だったのに焦がした。

お前は何を言っているのだ

単純に、ハンダ付けしてモーターを回そうとしたのだけど、回らなかった。と思いきやnFaultのLEDからはピカッと光っていて、やがて白い煙がぷしゅ〜。

どうしてこうなった

焦げたところを見た結果、GNDをつなげわすれました。それによって、VccからISENSE(電流センス)のほうに電気が流れてしまい、電流制限を大幅に超えた電流が流れた結果燃えたということになります。一歩間違えれば大惨事。十分大惨事ですが。

いちにちつぶれた

つらい。そのうえに煙が出てたところカメラにとってもないので面白みもなくてつらい。